おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

家とコロナウイルス

日増しに混乱が深まるコロナウイルス問題

もはや何の情報を信じて良いかわからないという疑心暗鬼の状態

感染しているかしたてないかも判別できない現状で感染を完全に

防ぐのはもはや不可能、人と接触しない生活を送るしかない。

確たる治療方法が早期に確立されることを願うばかり。

 

さて、当然のように、ウイルスの影響は家づくりにもでてきています。

中国で生産されている部品が組み込まれた機器類が手に入りにくくなって

います。換気扇やトイレ、食洗器など多岐にわたります。一部メーカーでは

新規の受注を停止していて、住宅完成の工期に大きな影響を及ぼしはじめていて

住宅会社の担当者さんも頭を抱えていました。

 

この影響を受け、3月末までの着工物件に付与される

次世代住宅ポイントが3ケ月延長され、6月末までとなりました。

詳しくはこちら

 

尚、2020年度末までの入居開始者に対する、住宅ローン減税の

期間拡充措置については、今のところ、期間延長の報道は出ていませんが

この制度活用を考慮して家づくりを進めている人は沢山いますので

延長の方向へ進んでもらうことを願うばかりです。

 

空気中のウイルス濃度を高めないために、換気は有効な方法です

建物内の換気扇はなるべく動かしておきましょう。

 

おうちコンシェル 黒田

 

 

 

リスクへの対応

連日、新型コロナウイルスの報道が続いています。

 

日本でも亡くなられた方がいらっしゃいましたし、

渡航歴のない方の感染も広がっているようです。

 

特に小さなお子様をお持ちの方は

心配が募っていらっしゃると思います。

 

インフルエンザや風邪だと思って

その治療を受けているかもしれないので

病院での感染も心配です。

 

さすが! アメリカです。

米疾病対策センター(CDC)がすでに

検査キットを開発しました。

 

通常のインフルエンザの診断で使用する機器を利用して

4時間で結果が出るそう。

1キットで700~800の検体を診断可能!

 

まさに

「備えあれば憂いなし」

 

「何が起こるかわからない」というよりは

「きっと何か起こるだろう」とリスクを想定して

できる限りの対策を準備しておくことは

日常生活でも必要だと、つくづく思いました。

 

地震や水害などの自然災害、

自身や家族の病気やケガ…

身の回りの色々なリスクを

どうやったらうまく回避できるか。

 

チコちゃんに

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と

怒られないように

知識と知恵を備えたいと思いました。

 

おうちコンシェル 谷路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金に困らない 2020年注目の制度

あけましておめでとうございます

 

不気味も不気味な雪が降らない冬、今年1年どんな気候のもと

過ごすことになるのか、怖いけど興味があります。

 

さて、お金に困らないをテーマにしている私どもが注目している制度

 

それは、今年の4月から実施される

「大学等における就学の支援に関する法律」

いわゆる大学無償化制度です。

 

制度の概要

・一定年収以下の世帯に対して授業料等を補助

・対象は大学、短大、高専、専門学校

※国公立、私立とも対象、対象学校に限る

・真面目に学業に打ち込むこと

 

コンセプトは低所得者世帯に対する進学格差の是正といったところ

のようです、母子(父子)家庭、生活保護世帯に対する措置が中心

 

補助を満額受けられる世帯収入の目安は、約270万

国公立大学の自宅通いなら総額約380万

私立大学の自宅外通学なら総額約670万

の補助が受けられる

 

詳しくはこちら、文部科学省ホームページ

 

国公立大学であれば実質、手出しなしで入学、卒業できるレベル

今現在奨学金を返済している人からは恨み節が聞こえてききそうです。

 

年収が380万以上になると支給の対象にはならない

国公立ならまだしも、私立大学の自宅外通学となると

年収370万の世帯からみると、働く意味がなくなってしまうような差

積極的に離婚するとかそういう事態も起こってしまいそうな気がします。

 

とはいえ、世帯収入による学力格差が縮小することは歓迎ですし

このような、保険的な制度があれば、未来に対する考えも気持ち的に

楽になりますよね。

 

本年も、常に新鮮な情報のもと、「お金に困らない賢い家づくり」

をアドバイスして参ります。

 

おうちコンシェル 黒田

 

 

いつも買う日用品の最安値はどこ?

インターネット上で商品購入やサービスを受けられる

「電子商取引」を素早くお得にできる

「いつもの」をご存じですか?

 

「いつもの」HPより

 

購入したい日用品を指定すると

「ヨドバシ.com」「LOHACO」「アマゾン」

「ケンコーコム」「楽天市場」など

 

複数の人気サイトの中から

最も安く買える手段を探し出して

そのまま買うことができます。

 

ただ商品を選ぶだけで、

お得な買い物ができてしまう。

 

いつも買っているものを

常に最も安い所で買えるのは

とてもうれしいですね。

 

 

ところで

そんな住宅購入サイトがあったら

あなたはどうしますか?

 

最安値の住宅を買いますか?

買いませんか?

 

私だったら、99%買いません。

 

なぜって?

 

だって、家は … だからです。

 

「…」を聞きたい方は

今週末のセミナーにお越しください。

 

「家づくりとおカネのきほん」

午後の部/13:30~15:00に

まだ少し余裕があります。

 

おうちコンシェル 谷路

2020年も賢い家づくりをサポートします

2019年もあとわずか、今年も色々な出来事がありました。

 

私のなかでは、令和に改元、消費税10%、台風大雨被害、ラグビーワールドカップ

といったところが印象深いニュースです。特に大雨、洪水によって家が流されたり

台風で家の屋根が無くなったりと、住む場所を失う状況を目の当たりにして

心底悲しいと思いました。

 

何かが便利になると、それに歯向かうように脅威が増えてきているような

そんな因果を感じずにはいられません。

 

家づくりも、様々な「不便」を解消するべく技術が進歩し続けています

しかし、それに歯向かうように、私たちが住まいに使える予算は、増税や

社会保険料の上昇、物価の上昇などを原因として減少の一途をたどっています。

 

そういう意味では、家を持つということに対して、今まで以上に様々な角度

から検証を重ねる必要性が増していくと思います。

 

おうちコンシェルは2020年もより一層研鑽を重ね、皆さまに対して

「お金に困らない賢い家づくり」をサポートすることをお約束します。

 

おうちコンシェル 黒田