おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

家電の買い換えはもったいない?

連日の真夏日にうんざりですね。

自宅のエアコン3台はフル運転。

 

どれも7年~10年前に購入したものです。

今よりも省エネ対策が劣るので電気代が気になります。

 

そろそろ買い換え時かな…と、迷います。

10年間の電気代が安くなる分>購入費」だったら

買った方がいいけど、計算するのが面倒!

 

そんな時に、

細かな計算をやってくれるサイトがありました。

環境省 省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」より

https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/

 

資源エネルギー庁「省エネ型製品情報サイト」に登録された

エアコン、冷蔵庫、照明など、全16種類の家電製品の

消費電力量や電気代、省エネ基準達成率などの情報を区分ごとに掲載しています。

 

ちなみに、自宅のエアコンを調べてみたら

まだまだ使った方がよいことがわかり、スッキリしました。

 

(エアコン移設の際のご注意!) 

新築等で、旧宅のエアコンを移設したいという方がいらっしゃいます。

その際には、ガスを戻した際に細かいゴミが詰まって故障することがあります。

移設費23万円を掛けて、結局は買い換えなんてこともあります。

そんな危険性についてもしっかり説明してくれる担当者だったら安心ですね。

おうちコンシェル 谷路

 

住宅ローンの金利が大変なことに

いきなり猛暑に突入ですね、子供と公園で遊んでいたら、滝のような汗が・・・

命の危険を感じるレベルでした。

 

2016年頃、マイナス金利というニュースが世を騒がせていましたが、その後

あまり話題になることはありませんでしたよね。

 

時を経て、2019年7月 長期固定の住宅ローンである「フラット35S」の金利が

ついに1%を割り込み、0.93%となりました。

もはや多くの民間金融機関の10年固定金利を下回る状況です

 

これは、大変なことです、何が大変かというと、借金してお金が増えるという

状況ができるということだからです。普通は借金したら借りたお金以上にお金を払わなければ

ならないのですが、住宅ローン減税を加味すると、借りた人の方が借りない人より有利になる

という現象が起きてしまいます。

 

具体的に3,000万円の住宅ローンを35年返済で組んだ場合の例で見てみると

 

①10年間の利払額 約245万円

②10年間の住宅ローン減税額 約259万円

※年末残高の1%を控除し切れる条件

 

となり、10年後は②-①=約14万円

ローンに払った利息より、減税で受け取る減税額が多くなることがわかります

つまり、仮に10年後にローンを全て返済した場合には

ローンを組まずに現金一括で住宅購入した人より得してしまうという

変な現象が起こることになります。

 

フラット35の金利は基本的に10年国債の金利に連動しています

今後の動向を見通すうえで鍵を握っているのが日銀の動向です

日銀が国債をどんどん買い入れていけば、金利はさらなる低下の可能性があります

 

この点、6月の金融政策決定会合にて、日銀の黒田総裁は

さらなる金融緩和の可能性と、金利低下の許容度拡大について触れています

 

そうなると、まだ金利は下がる可能性があるということになります

そのうち、金利水準において、変動金利などと肩を並べる可能性があるかもしれません。

 

おうちコンシェルの相談コンセプトである

『ライフプランニングに基づいた、お金に困らない賢い家づくり』

において

 

住宅ローンの選別、返済プランの検討は大きな要素の一つです

是非ご相談ください。

 

おうちコンシェル 黒田

 

「音楽が聞こえる歯ブラシ」って?

歯磨き嫌いのお子さんでも楽しみながらできる

そんな夢のような歯ブラシがあったら…

 

それが、できたんです!

First Fight より

ソニーの支援で京セラとライオンが共同開発したそうです。

 

歯磨きしている時だけ

好きな音楽を聴けるそう。

 

ちゃんと歯磨きしようとしても

嫌がったり、逆にルンルンで遊びだしたりして

ママ・パパはイライラ。。。

 

こんな歯ブラシがあったら

すぐに買いたいという方も多いかも。

 

でも

ちょっと待って!

 

あと何年使えるの?

1日当たりのコストは?

 

クラウドファンディング特別価格で17,500円。

 

お子さんが1歳で5歳まで使うなら

4年間の日割価格は

約12円。

 

その他にも付替え用の歯ブラシも必要。

 

コストに見合う効果があるか?

この見極めも大切ですね。

 

家づくりにも同じことが言えます。

今だけ良ければいいですか?

 

それとも、一生涯のコストと使い勝手を

じっくりと検討したいですか?

 

おうちコンシェルでは

一生涯の家計設計(ライフプラン)をもとに

「ご家族がいちばん安心できるのは?」という視点で

家づくりのアドバイスをしています。

 

おうちコンシェル 谷路

梅雨時は住宅見学がオススメ

湿度が90%を超えるような状況、梅雨真っ只中ですね

 

新しい家に求める要素として、夏は涼しく、冬暖かくといったワードが

良く出てきますが、その他に1点体感して頂きたいことがあります

 

それは、梅雨時の家の中のジメジメ感です。

 

北陸は日本有数の湿気大国です、家づくりは湿気との闘いと言っても過言ではありません

ですので住宅会社は皆さん様々な工夫で湿気対策をしています。

 

でも、説明を聞いて理屈はわかってもピンとはきません・・・

 

そうです、百聞は一見にしかず、家の中に入って体感するのが一番です

 

さらに、北陸のような高温多湿な気候の下では、木を腐らせる腐朽菌というものが

繁殖しやすい傾向にあります。木にくっついて繁殖してしまうと一気に家の寿命が

縮まってしまいます。

 

繁殖を防ぐためには、木そのものの水分量が一定の数値を下回っていることと

腐りにくい木を使うことが重要です。

 

木にも様々な種類があって、同じ種類の木でも、木のどの部分なのか

はたまた、いつ切ったかなどでも違いがでるようです。

 

ちなみに、腐朽菌の繁殖温度は5~40度なのだそう

ということは、凄く寒い国や、地域なら木は腐りにくいということですね

ここら辺に家の長持ちの違いが出ているのかもしれません。

 

おうちコンシェル 黒田

 

「髪を切らない」定額制美容室

髪を切らない美容室が今年5月に銀座に誕生したそうです。

 

シャンプーとブローに特化した専門店で

月額18,000円で通い放題だとか。

日経クロストレンドより

 

通常、シャンプー+ブローは3,0004,000円位なので

月に56回で元が取れそうです。

 

「髪を洗うか、寝てしまうか。」

自問しつつ、結局、寝てしまい

翌朝に慌てて髪を洗って出社する日々。

 

夜遅くまで働き、朝も早い子育て中のママや

体力がなくなってきたシニア女子にはありがた~いサービスです。

 

月に2万円近い出費は…ちょっと心が痛みますが

産前産後と育休明けの12年くらいは許してあげてほしいなと思います。

 

おうちコンシェルには育休中や職場復帰直後の方も多くご相談に来られます。

 

慌ただしい日々の中、ギリギリ頑張ってるママ達に

もっと楽になっていいんだよとつい言ってあげたくなります。

 

が、そこは心を鬼にして、家計改善案や家づくりのチェックポイントを

エネルギッシュにお伝えしています。

 

なぜかって?

 

それは、私自身が妊娠を機に慌てて住宅購入したために大失敗!

25歳から75歳まで住宅ローンを払うことになったから。

 

「焦らず・じっくり・したたかに」家づくり計画スタートしませんか?

おうちコンシェルがお手伝いしますよ。

 

おうちコンシェル 谷路