おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

借換で有利な民間銀行は

最近、住宅ローン借換えのご相談が急増しています。

 

既にそれなりの低金利で借りていらっしゃる人も、もっといけるのでは

と思われているようです。

 

ところで、ご存知の通り、日銀のマイナス金利政策が発端となり、世のニュース

では「住宅ローンに恩恵!」というワードが溢れています。今現在どのような動きを

しているかというと、変動金利、2年、3年固定金利といった部分については殆ど

動いていないのが現状です、なんだかんだで0.6%くらいで変わりませんね。

 

ある程度影響をうけているのは10年固定やフラット35等の長めの固定金利ですね。

 

北陸では10年固定で借りている方が結構多いこともあり、今回は10年固定金利で

いったいどこが有利なのかを検証してみます。

 

◆前提条件は、借入残高3,000万 返済残期間30年とします

※今後店頭金利が変化しないと仮定します

 

まずは、ネット系で上位に押される銀行

・J銀行の場合

当初10年 0.78% 以降1.67%(当初優遇金利適用)

当初10年返済額 93,490円/月 以降101,850円/月

総返済額 3,566万

・Sネット銀行の場合

当初10年 0.59% 以降1.59%(当初優遇金利適用)

当初10年返済額 90,946円/月 以降100,179円/月

総返済額 3,495万

 

次に、都銀

・M銀行の場合

当初10年 0.8% 以降0.8%(全期間優遇幅固定)

返済額 93,760円/月

返済総額 3,433万

 

次に地銀

・H銀行の場合

当初10年 1.15% 以降1.15%(全期間優遇幅固定)

返済額 98,572円/月

返済総額 3,548万

 

ということで、とても有利なイメージのあるネット銀行を差し置いて

今まで一番不利だった都銀のM銀行がNO1、逆に10年固定で

強みを持っていた地銀が不利になる逆転現象が起こっています。

 

手数料関係はどうでしょうか

・ネットJ、S共 保証料0 手数料648,000円(融資金×2.16%)

・都銀M  保証料574,110円~ 手数料32,400円

・地銀H  保証料683,970円  手数料32,400円

 

とういことで、これもM銀行が有利、ネット系は保証料ゼロを売り文句に

していますが、結局それと同等の手数料が発生

 

単純に総額比較だけだと、都銀Mに軍配

 

あとの違いは団体信用生命保険

・ネットSは8大疾病団信

・都銀Mは死亡時のみの団信

 

ネットS、都銀Mとの総額差は約70万ほど

安心料の差としては決して大きくはないですね

ここが悩みどころです。

 

ここで注意点

・都銀の場合、夫婦収入合算なしで、年収400万以上、上場企業もしくは公務員

でなければ最優遇金利をGETするのは無理だと考えてください

・ネット系の場合、物件価値に対してどれだけローンが残っているかが重要

なので、頭金ゼロで家買いましたという人は厳しいかもです

 

借換し易いのはやはり、地銀や信金です

都銀やネットではねられた場合は、地銀、信金に落ち着くことになります。

 

ここでは登場していませんが、全期間固定金利のフラット35についても

3月金利が1.25%となり、もはや民間の10年固定を下回る勢いです

 

ですので、このタイミングに、返済額はほぼ一緒だけれどフラット35に借り換える

というケースもみられます。

 

マイナス金利の影響はジワジワと現れてくると思いますので、4月の金利動向

に大注目です。

 

結局どーやねんと思った方はご相談に来てくださいね

 

おうちコンシェル 黒田

家相は家づくりの隠し味?

こんにちは、今日は家相についてです。

 

家相なんて興味ないし・・・という方でも

新築後に「この家のドア、鬼門じゃない?」なんて言われると

ちょっと嫌な気持ちになったりします。

 

鬼門には「表鬼門」と「裏鬼門」があります。

この範囲内に玄関や水廻りがあると凶とされます。

 

「表鬼門」とか「裏鬼門」というのは

北西45度と南西45度の範囲のことです。

 

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが

家相では北は「磁北」を使います。

金沢市近郊は真北から7.4度西に偏っています。

 

家の重心(重さの中心)に上の家相盤を当てて

磁北を合わせると鬼門の範囲がわかります。

 

住み始めてから後悔しないように

こんな風に考えたらどうでしょうか?

 

家相は昔の人が考えた住みやすさの目安と考えて

できる範囲で対処してはどうでしょうか?

 

表鬼門は北風、裏鬼門は西日と考えてみます。

 

冬は北東から強い風が吹きますから

玄関ドアがこの場所にあったら

強い風にあおられて、急に閉まって危ないかもしれません。

 

また、西日は赤外線なので、食べ物が腐りやすくなります。

だからキッチンはできるだけ西日が入らないようにすると良いでしょう。

 

家相にとらわれすぎる必要はないものの

住む前に少し対処できれば、家相を隠し味にして

住み心地のよい家づくりができるのではないでしょうか?

 

ちなみに、私の自宅のキッチンは北東の「表鬼門」にあります。

東の光がたっぷり入るので、朝は照明なしで調理ができます。

 

でも、鬼門だということを意識して、

シンクの排水溝はいつもキレイにするようにしています。

 

おうちコンシェル

<スタッフ/谷路啓子>

輪島のフレンチ

こんにちは。

今日はお休みをいただいて、夫と輪島の朝市に行ってきました。

名物の「えがらまんじゅう」や干物、イワシのいしりで漬けた漬物など、

どっさり買っちゃいました。

お昼は輪島出身のお客様から教えていただいたフレンチレストランで。

能登の食材を使うラトリエ・ドゥ・ノトというオシャレなお店で

パリの三つ星レストランでも修業したシェフも輪島出身。

とても気さくで優しそうな方でした。

 

3,300円のコースだったのですが、お値段以上の大満足!

どれもこれ美味しくて、メインの写真を撮り忘れてしまいました。

淡白な鱈があんなに美味しいなんて…。

同行した夫が作り方を習ったので、近々夕食のメニューに登場するかもしれません。

 

古民家をリノベーションした建物はさりげなく良質で落ち着ける空間。

また行きたいなあ。

 

こちらは朝市で買い物した時にひと休みした「茶房三丁目」という自家焙煎珈琲のお店。

三丁目ブレンド/¥450をいただきましたが、コクも香りもGOODでしたよ。

 

常連さんとマスター。

もう40年以上もお店を続けていらっしゃるとか。

朝市でお会いした方達は私よりも年上の方ばかり。

皆さん本当にお元気そうで、気さくで

「能登はやさしや土までも」を満喫してきました。

おうちコンシェル

<スタッフ/谷路>