おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

コロナで富山の土地はどうなった?

今日で9月も終わりです、気が付けばすっかり肌寒くなってきました。

 

コロナに対する警戒心よりも、できることなら食に旅にと秋を満喫

したい欲求が強くなってきたのは私だけでしょうか。

 

そんな折、全国の土地の基準地価が先日発表されました、土地の参考価格

みたいなものです。

 

参考ページはこちら

もっと詳しいデータはこちら

 

富山県の土地の値段はここ10年間ほど横ばいですが、もしかしたら

コロナの影響で下がるかもと思いチェックしてみました。

 

ちなみに土地価格のベスト5は

富山市、魚津市、高岡市、砺波市、黒部市の順になっています。

富山県の中で価格が下落しなかったのは富山市と舟橋村のみですね

 

下落幅では高岡市、黒部市が大きく出ています。

全国的に観光地の下落が目立ちますので、温泉地のある黒部にも

影響があったのかもしれませんね。

 

温泉地をなくしてはいけない、などと色んな理由をつけてGO TO

キャンペーンを活用するべきだと正当化して旅行に行きたい衝動と

戦う日々が当分続きそうです。

 

10月からお酒やたばこなどまた値上がりするみたいですが

給料も一緒に上がって欲しいところですよね。

家に関する様々な原価も今後上昇し続けると思います

いずれ家を建てようと思っている方は何だかんだと早めに動いた方が

コスパの良い選択になる可能性が高そうです。

 

今年の秋は相談の秋になるかも?

 

わたしたちがご一緒させていただきます^^

 

おうちコンシェル 黒田

ムネ肉レンチンで節約レシピ

夏の2ヶ月で5キロダイエットしました!

 

身体が軽くなり、

思考回路も柔軟になったような

気がします。。。

 

お世話になったのは、鶏胸肉の簡単レシピ。

 

 

基本は、お酒大さじ1に

小さじ1/3のてんさい糖を溶かして

そこに30分以上漬け込んで

レンチン3~4分。

 

きゅうりの薄切りに乗せて

ごまドレッシングが定番。

 

一人分で100円位あればOK。

 

バージョンを変えて

醤油+酒+みりんに砂糖少々でレンチンして

次の日のお弁当にも。

 

大きめの鶏胸肉なら3パターンいけます。

 

そこで活躍するのが、ガラス製の保存容器。

蓋をしたままレンジで使えます。

 

でも、この容器、

冷蔵庫内でけっこう場所を取るんです。

 

昔から愛用してるので、

家を建て替えたときに、冷蔵庫は念願の650Lの大型を購入。

 

このサイズ、

普通の冷蔵庫よりも10センチ以上大きい。

 

困ったことに、

普通の冷蔵庫スペースには入りません。

 

だから、キッチンのプランは冷蔵庫が最優先でした。

 

あなたのキッチンは、何を優先しますか?

誰に相談したいですか?

 

おうちコンシェル 谷路

スタバでリモートワーク

コロナ対策だけでなく

「働き方改革」の一環として

リモートワークを取り入れる会社が増えてきている。

 

Zoomを使ったWebミーティングは

私たちの会社ではもう当たり前。

 

今日は公休日だったけれど

自宅から業者さんとのWebミーティング。

 

そんな時にちょっと気になるのが

背景に映ってしまう生活感満載のあれこれ。

 

 

近くにこんなお店があったらなあ。。。

(日経クロストレンドより)

 

今夏、銀座にオープンした「スターバックスコーヒー」で、

コンセプトは、「はたらく人のための『夢中になれる場所』」。

 

電話やビデオ会議の利用も可能で

40分単位で予約できるそう。

 

 

でも、

できれば、自宅に

仕事に集中できる場所がほしい。

 

リビングや寝室の片隅ではなく

なんだかか堅苦しいイメージの書斎でもない

もっとリラックスしながら集中できる場所。

 

これからの家づくりには

「リモートワーク」というキーワードが

新築にも、リフォームにも求められると思います。

 

だから、

家づくりのプロはいつも勉強しています。

 

一生に一度の家づくり、

あなたは誰にサポートしてもらいたいですか?

 

おうちコンシェル 谷路

ジャンクフードからナチュラル志向へ

コロナによって、私たちの意識が

大きく変化しているらしい。

 

健康意識が高まり

どうせなら身体に良いものを選びたいと。

 

スナックも“ジャンク”のイメージを脱却して

“健康志向”のユーザーに受け入れられるものに変化しているという。

 

最大手のカルビーは

全商品の塩分含有量20%減を目標にしている。

 

湖池屋は

国産じゃがいもなど原料や味にこだわり

食塩不使用のポテトの販売を始めている。

 

 

同じように、これから家づくりを始めるご相談者にも

健康志向の方が増えてきているように思います。

 

素材を重視したい、そして

「普通の家がいい」というお声が20代や30代の方からも。

 

自分の家ではほっこりしたいから。

”よそいき”でなくていい。

ちょっと上質のものを長く使いたいと。

 

コロナによって変化している家づくりへの想いを

私自身もしっかり受け止めて、寄り添って

ご相談をお受けしています。

 

おうちコンシェル 谷路