おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

40年ローン!大丈夫かいね?

長かった梅雨が明けそうで明けない今日この頃です

最近になってあいみょんを聞き始めてハマっております(今さらかっ)

ブームになんて乗るもんか、歌手は玉置浩二以外認めないと意地をはり続け

今まで聞かず嫌い、あーとってもいいー!もっと早くから聞いておけばよかったなー

 

それはさておき、住宅ローンにも新たなブームの足音がきてます

 

その名も 40年返済

 

 

当店に相談に来られる方にも検討されている人が結構います

例えば3,000万円の住宅ローンを組んだとして、金利0.6%の場合

どのような違いがでるか見てみましょう。

 

・35年返済:毎月返済額 79,208円 総利息額 326万円

・40年返済:毎月返済額 70,315円 総利息額 375万円

 

返済額で月1万ほど、利息額で50万ほど違いがでてきますね

とりあえず返済月額が結構下がるので魅力的に見えます、まあそれが

銀行側の狙いなんでしょうけど。

 

この仕組みを活用するとしたら以下の3点が思いつきます

 

①あえて40年返済にして、減った1万円を何かで運用する(投信、保険、idecoなど)

資金に余裕のある人向け⇒住宅ローン金利を上回る効果を上げる必要あり

②とりあえず40年にしておいて、お金が貯まったら繰り上げ返済して短縮

将来が心配な人向け⇒転職を検討していたり、お子様が沢山いる人など

③返済負担率が減ることによる融資金額のアップ

今は収入が少ないけど早く家を建てたい人向け

 

業界的にはおそらく③を狙っているんだと思います、今まで必要な金額の

ローンが通らなかった人が通るようになることで、建築会社も銀行も

メリットがありますからね。

 

しかし、40年ローンを活用するにしても

完済の見通しが立たなければ意味がありません。建築会社も銀行も

完済できるかどうかを本気で心配はしていません、ローンが通ればそれで

仕事は終わりです。返済できるかどうかキチンと検証したうえでこの

便利なローンを活用しましょう。

 

家を建てたい、無理のない予算を知りたい、住宅ローンで損したくないかた

 

是非、おうちコンシェルをご利用ください

 

雲のような優しさでご対応させていただきます^^

 

水は買う? それとも?

キリンビバレッジが2020年末で

天然水「ボルヴィック」の国内販売を終了するとか。

 

(日本経済新聞WEB記事より)

 

私にとっては、ボルヴィックは輸入品の高品質イメージがあって

若い頃には、ちょっと気取って飲んでいたものです。

 

ところが、

現在の売り上げはピークの3分の1に激減。

 

全体の消費量は、ここ10年で1.5倍というので

国産天然水のコスパのよさが支持されているのでしょうか。

 

 

ところで

水は買いますか?

それとも水道水をそのまま?

または、浄水器?

 

日本の水は世界で一番きれいだから

そのまま飲んでもOKという説があります。

 

でも私は、

圧倒的に浄水器派です。

 

なぜかというと

①安全のために加えてある塩素が心配

②水源の汚染がとにかく心配

③新築時に使用される塩化ビニル管の繋ぎ目の接着剤が心配

 

心配しすぎじゃない?と言われそうですが

身体の60~70%は水でできていると知ってからは

とにかく、安全第一!

 

「安全第一」と工場や建築現場に

大きく掲げられているように

一生に一度の新築も

安全第一!でじっくり検討しませんか?

 

安心で安全な家の予算・土地・会社選びは

家づくりの専門家「おうちのコンシェルジュ」と二人三脚で。

 

おうちコンシェル 谷路

新築する土地を決める前に「重ねるハザードマップ」でまずチェック!

防災ニュースから目が離せません。

 

身近に危機が迫っている方や被害にあわれた方には

ご無事を祈ることしかできません。

 

災害の危険性は

「重ねるハザードマップ(国土交通省)」で確認できます。

 

(国土交通省「重ねるハザードマップ」より)

金沢市内にも、この地図の中央にあるように

2~5mの浸水が予想される地域があります。

 

横を流れる犀川に氾濫の危険性が高まったら

ぜひ早めに避難していただきたいと思います。

 

「重ねるハザードマップ」では洪水の他にも

土砂災害、津波、道路防災情報などを確認できます。

 

ご自分の家の災害リスクを知っていれば

避難行動が素早く取れるのではないでしょうか。

 

 

そして、

これから土地を購入して新築する方でしたら

まず、こういったハザードマップを見ることから

始めていただきたいと思っています。

 

新築する土地選びは

安全かどうかをまず確認することが大切です。

 

おうちコンシェル 谷路

新築? 建売? 中古? どれがいいの?

近頃、家の購入を検討されている多くの方から

「新築? 建売? 中古? どれがいいの?」

というご相談をお受けします。

 

結論は

実は、そんな簡単には出ません!

 

が、

私からのいくつかの質問に答えていただくと

割と簡単にご自身で答えを見つけることができます。

 

 

その質問はケースバイケースです。

(お二人の年齢や価値観も大切な要素ですから)

 

まずは、

「おうちのコンシェルジュ」とお話ししませんか?

WEB or ご来店のどちらでもお選びください。

 

どんな所か心配な方・興味のある方は

体験レポートをご覧ください。 ⇒ コチラ

 

おうちコンシェル 谷路