おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

2020年も賢い家づくりをサポートします

2019年もあとわずか、今年も色々な出来事がありました。

 

私のなかでは、令和に改元、消費税10%、台風大雨被害、ラグビーワールドカップ

といったところが印象深いニュースです。特に大雨、洪水によって家が流されたり

台風で家の屋根が無くなったりと、住む場所を失う状況を目の当たりにして

心底悲しいと思いました。

 

何かが便利になると、それに歯向かうように脅威が増えてきているような

そんな因果を感じずにはいられません。

 

家づくりも、様々な「不便」を解消するべく技術が進歩し続けています

しかし、それに歯向かうように、私たちが住まいに使える予算は、増税や

社会保険料の上昇、物価の上昇などを原因として減少の一途をたどっています。

 

そういう意味では、家を持つということに対して、今まで以上に様々な角度

から検証を重ねる必要性が増していくと思います。

 

おうちコンシェルは2020年もより一層研鑽を重ね、皆さまに対して

「お金に困らない賢い家づくり」をサポートすることをお約束します。

 

おうちコンシェル 黒田

 

 

 

子どもの近視は遺伝?環境?

近頃、子どもの視力低下はどんどん進み、

近視は過去最高に。

 

小学生の3人に1人が視力1.0以下で

11人に1人は0.3未満。

この30年で3倍以上に増えたそうです。

 

 

近視の原因は

実はよくわかっていませんが

注目されているのが「近業」というワード。

 

「近業」とは「近くを見続ける活動」で

読書、パソコン、スマホなどが該当して

近視になる最大の環境因子と考えられています。

 

見る距離が近いほど近視になりやすく

もちろん、近業の時間が長いほど影響は大きくなります。

 

 

子どもの生活環境として特に注意したいのが

ダイニングの明るさです。

(住宅雑誌Replanより)

 

ダイニングテーブルで絵をかく幼児や

学校や塾の宿題をする小学生にとって

必要な明るさは500ルクス以上。

 

ところが、近頃の流行りで

カフェのような薄暗い照明を好む方が増えています。

 

そこで細かい作業をしようとすると

当然、目を近づけてしまいます。

(CONNECTより)

 

なので、やる作業によって

照明を「足し算」「引き算」できるようにしたらどうでしょうか。

 

ダウンライトとペンダントを組み合わせたり

明るさを変えられるLED照明も有効です。

 

家づくりの提案をする本物のプロは

「素敵」ばかりに目を向けないで

家族の健康にも気配りできる人

だと思います。

 

おうちコンシェル 谷路