おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

シングルライフの住まいかた

今日の富山市内は気持ちの良い五月晴れです

 

さて、最近のご相談で

 

40代中盤の方々で、シングルライフを前提とした住まいのありかたについて

どうしたものかといったものが増えてきています。

 

そのなかで、多数派を占めるのが、中古マンションを購入しようと考えている

 

といった方々です。

 

2LDKほどの間取りで、価格にして700万~1,000万くらいを想定されています

 

中古マンション選定の理由としては

 

・価格が手頃

・利便性の高い場所にある

・老後に施設入居の際、手放しやすい

・雪かきしなくていい

 

といった意見が多いです

 

では、何かリスクは無いのでしょうか?

 

意外と考えられていなリスクについて書いてみたいと思います

 

色々ありますが、最大のリスクはランニングコストかなと思います

 

ランニングコストの代表格は、管理費と修繕積立金です

 

修繕積立金とは、エレベーターや駐車場、屋上防水など共用部分の将来の修繕に

必要なお金の積立金のことです。2LDKで築20~30年ほどであれば、月4,000円~7,000円

といったところでしょうか。このお金は大雑把にいうと入居者全員で按分しているので

例えば50世帯入居していたマンションが25世帯になると実質倍額を積み立てないと

修繕費が不足してしまうことになります。積立金には上限があるわけではないので

安全に住み続けようとした場合、月額3万、4万になることも現実として起こっています。

じゃあ売ってしまおうとしても、そのような条件では買い手がつかないことは明白です。

 

次に管理費ですが、簡単に言えば管理人さんの給料です

マンションの部屋以外の部分が豪華であればあるほど掃除をはじめとした維持管理に

労力がかかるためその分管理費が高くつきがちになります。この費用についても

一定であると約束されているものではなく、将来の環境によって値上げせざるを得ない

状況になることもあります。

 

上記のようなリスクと高齢化、長生き社会という側面を組み合わせると、必ずしも

中古マンションという選択がベストとは言えないかもしれません。

 

シングルライフの将来リスクを洗い出し、ライフプランとマネープランにふさわしい

住まいかたを一緒に考えてみませんか。

 

おうちコンシェル 黒田

 

 

 

 

 

 

イマドキの大工さん事情

先日、NHKの歴史秘話ヒストリアという番組のなかで、徳川家康に仕えた

大工の棟梁の話があり、とても楽しく拝見しました。

 

職人さんの中でも大工さんといえば、やはり家づくりにおいては職人の中の長と言える

立場です。家の良し悪しは大工さんの腕にかかっていると思っている方も多いと思います

実際、テレビでも紹介されていたように昔の大工さんは腕に大きな差がありました。

持っている道具やその使い方、材料の目利きなど多くの経験や能力が必要でした。

ですので、一人前と言われるまでになるには10年も20年もかかったわけです。

カンナの削りカスを見ただけで腕前を判断できるなど、本当にザ職人という世界でした。

 

現在はどうかというと、一部のものを除けば、多くの木材は工場等で加工されて現場に

運ばれてくるので、「組み立てている」という表現が近いのかもしれません。実際に今の

若い大工さんの中には、カンナやノミを使えない、もしくは持ってさえいないというのも

増えてきているようです。一人前になる必要年数もグッと短くなっています。

 

ベテラン大工さんと若者大工さん、それぞれに良いところと、そうでないところがあります

建てる家の特性に応じて上手に大工さんを使いわけたり組み合わせたりする、そのような

配慮ができる住宅会社さんが良い住宅会社さんであると言えます。

 

また、大工さんは今も昔も気分屋さんが多いです、大工さんが長くついてきている会社

は、人として魅力がある経営者がいる会社とも言えます。

 

住宅会社選びに悩んだら、ご相談ください!

 

おうちコンシェル 黒田