おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

借換で有利な民間銀行は

最近、住宅ローン借換えのご相談が急増しています。

 

既にそれなりの低金利で借りていらっしゃる人も、もっといけるのでは

と思われているようです。

 

ところで、ご存知の通り、日銀のマイナス金利政策が発端となり、世のニュース

では「住宅ローンに恩恵!」というワードが溢れています。今現在どのような動きを

しているかというと、変動金利、2年、3年固定金利といった部分については殆ど

動いていないのが現状です、なんだかんだで0.6%くらいで変わりませんね。

 

ある程度影響をうけているのは10年固定やフラット35等の長めの固定金利ですね。

 

北陸では10年固定で借りている方が結構多いこともあり、今回は10年固定金利で

いったいどこが有利なのかを検証してみます。

 

◆前提条件は、借入残高3,000万 返済残期間30年とします

※今後店頭金利が変化しないと仮定します

 

まずは、ネット系で上位に押される銀行

・J銀行の場合

当初10年 0.78% 以降1.67%(当初優遇金利適用)

当初10年返済額 93,490円/月 以降101,850円/月

総返済額 3,566万

・Sネット銀行の場合

当初10年 0.59% 以降1.59%(当初優遇金利適用)

当初10年返済額 90,946円/月 以降100,179円/月

総返済額 3,495万

 

次に、都銀

・M銀行の場合

当初10年 0.8% 以降0.8%(全期間優遇幅固定)

返済額 93,760円/月

返済総額 3,433万

 

次に地銀

・H銀行の場合

当初10年 1.15% 以降1.15%(全期間優遇幅固定)

返済額 98,572円/月

返済総額 3,548万

 

ということで、とても有利なイメージのあるネット銀行を差し置いて

今まで一番不利だった都銀のM銀行がNO1、逆に10年固定で

強みを持っていた地銀が不利になる逆転現象が起こっています。

 

手数料関係はどうでしょうか

・ネットJ、S共 保証料0 手数料648,000円(融資金×2.16%)

・都銀M  保証料574,110円~ 手数料32,400円

・地銀H  保証料683,970円  手数料32,400円

 

とういことで、これもM銀行が有利、ネット系は保証料ゼロを売り文句に

していますが、結局それと同等の手数料が発生

 

単純に総額比較だけだと、都銀Mに軍配

 

あとの違いは団体信用生命保険

・ネットSは8大疾病団信

・都銀Mは死亡時のみの団信

 

ネットS、都銀Mとの総額差は約70万ほど

安心料の差としては決して大きくはないですね

ここが悩みどころです。

 

ここで注意点

・都銀の場合、夫婦収入合算なしで、年収400万以上、上場企業もしくは公務員

でなければ最優遇金利をGETするのは無理だと考えてください

・ネット系の場合、物件価値に対してどれだけローンが残っているかが重要

なので、頭金ゼロで家買いましたという人は厳しいかもです

 

借換し易いのはやはり、地銀や信金です

都銀やネットではねられた場合は、地銀、信金に落ち着くことになります。

 

ここでは登場していませんが、全期間固定金利のフラット35についても

3月金利が1.25%となり、もはや民間の10年固定を下回る勢いです

 

ですので、このタイミングに、返済額はほぼ一緒だけれどフラット35に借り換える

というケースもみられます。

 

マイナス金利の影響はジワジワと現れてくると思いますので、4月の金利動向

に大注目です。

 

結局どーやねんと思った方はご相談に来てくださいね

 

おうちコンシェル 黒田