おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

湿度管理と住まい

こんにちは。

息子が独立した後、自宅を建替えて夫と二人で住んでいます。

(本当はまた家族としてワンコを迎え入れたいのですが・・・)

 

寒くなって暖房をつけるようになってから

夫が朝晩の日課として励んでいることがあります。

それは、リビング・キッチンのサッシの水滴拭きです。

 

寒いのが苦手の二人ですので、この時期はリビングの暖房をガンガン入れてます。

床置きのエアコンのような「温水ルームヒーター」というものです。

 

空気を汚さずに床から暖まるのですごくいいのですが

難点は空気が乾燥し過ぎること。

 

何も対応しないと湿度が30%以下になってしまいます。

これでは身体に悪いので、加湿器を使っています。

湿度60%位に維持できる、湯気がワーッと出る強力なタイプです。

 

すると、夜の間は暖房を切ってしまうので室温が下がり

空気中の水分がサッシのところで冷やされ結露してしまいます。

 

住まいのいちばんの敵が結露などの水分です。

サッシを拭く夫を見ながら、心の中でため息をついています。

家が可哀そうだなあと。(夫ではありません。)

 

実は、以前の家は雨漏りと結露でダメになったので

壁内の湿度対策は完璧にしました。

柱や断熱材などは最も調湿効果の高いと思われるものにしました。

 

けれど、せっかくの壁内の調湿効果を活かしきれていないから

サッシがベチョベチョに結露してるんです。

 

塗り壁にした和室は大丈夫なので原因は確信できます。

ビニールクロス!です。

かと言って塗り壁にすると費用も掛かるし・・・

 

もっと手軽に安くできる方法はないのでしょうか?

実は、あるんです。

それについては明日へ・・・(ごめんなさい。今日はこれまでです。)

<スタッフ/たにみちけいこ>

おうちコンシェル