おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

水害の脅威

1年振りにお会いした知人から、千葉県の実家の近くの河川が氾濫し

床上浸水の被害を被ったという話がありました。

 

最近の台風とか大雨は本当に怖い、自然の力には本当に敵わないので

災害から逃げるしかない、つまり、災害が起きにくいところに住むしかない

ですよね。これから家を建てられる方は、ハザードマップ確認の重要性が

ますます増していきます。

 

知人はとりあえず、保険金が出るかどうかを心配していました。

これについては、火災保険の水災に加入していれば損害額相当が

保険金として支払われます。ただ、以下のようなケースは支払いの対象外

になっていることが多いので気を付けてください。

 

  • 床下に汚泥が流れ込んできたが、床上浸水に至っていない。

⇒支払い要件が、再調達価額の30%以上の損害、または、床上浸水

または地盤面から45cmを超えて浸水した場合となっている為

  • 大雨で雨漏り(屋根や外壁)

⇒建物の老朽化を原因とした雨の吹き込みは対象外

  • 車庫の車が水没した

⇒自動車保険の車両保険で補償されます

 

被害にあった場合は片づける前にまず写真を撮りましょう、浸水の場合

は、どこまで水が来たかわかるように、メジャー等をあてて写真をとって

おきましょう。そうすることで、スムーズに保険金受取の手続きを進めて

いくことができます。

 

日本の多くの家は木造の家です、長時間水に浸かってしまうと強度も落ち

腐りやすくなってしまい家の寿命に大きく関わってきます。新築時の対策と

して基礎を高くするなどの対策がありますが、これとて万能ではありません

まずはハザードマップを確認し、災害の可能性が低い土地を選ぶのが一番です

 

土地から探されている方、当店にご相談ください。

 

おうちコンシェル 黒田