おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

住宅ローンの金利が大変なことに

いきなり猛暑に突入ですね、子供と公園で遊んでいたら、滝のような汗が・・・

命の危険を感じるレベルでした。

 

2016年頃、マイナス金利というニュースが世を騒がせていましたが、その後

あまり話題になることはありませんでしたよね。

 

時を経て、2019年7月 長期固定の住宅ローンである「フラット35S」の金利が

ついに1%を割り込み、0.93%となりました。

もはや多くの民間金融機関の10年固定金利を下回る状況です

 

これは、大変なことです、何が大変かというと、借金してお金が増えるという

状況ができるということだからです。普通は借金したら借りたお金以上にお金を払わなければ

ならないのですが、住宅ローン減税を加味すると、借りた人の方が借りない人より有利になる

という現象が起きてしまいます。

 

具体的に3,000万円の住宅ローンを35年返済で組んだ場合の例で見てみると

 

①10年間の利払額 約245万円

②10年間の住宅ローン減税額 約259万円

※年末残高の1%を控除し切れる条件

 

となり、10年後は②-①=約14万円

ローンに払った利息より、減税で受け取る減税額が多くなることがわかります

つまり、仮に10年後にローンを全て返済した場合には

ローンを組まずに現金一括で住宅購入した人より得してしまうという

変な現象が起こることになります。

 

フラット35の金利は基本的に10年国債の金利に連動しています

今後の動向を見通すうえで鍵を握っているのが日銀の動向です

日銀が国債をどんどん買い入れていけば、金利はさらなる低下の可能性があります

 

この点、6月の金融政策決定会合にて、日銀の黒田総裁は

さらなる金融緩和の可能性と、金利低下の許容度拡大について触れています

 

そうなると、まだ金利は下がる可能性があるということになります

そのうち、金利水準において、変動金利などと肩を並べる可能性があるかもしれません。

 

おうちコンシェルの相談コンセプトである

『ライフプランニングに基づいた、お金に困らない賢い家づくり』

において

 

住宅ローンの選別、返済プランの検討は大きな要素の一つです

是非ご相談ください。

 

おうちコンシェル 黒田