おうちコンシェル

ファイナンシャルプランナーだから知っている賢い住宅購入。石川県、富山県の家づくりはご相談下さい。

ご相談は何度でも可能◎
お急ぎの方はお電話にてお問合せください

金沢店
076-224-5066
富山店
076-464-5066

(受付時間 10:00〜18:00)

スタッフのお役立ちブログ

カーポートはいつ取り付ける

いよいよ消費税増税が迫ってきました。

現時点で言いえることは、平均的な収入世帯での税金負担が年間6万ほど増えること

さて、この可処分所得の減少をどう抑えるのかとても重要です。

 

さらに、10%、8%が混在する制度になりそうで面倒な感じがします。

 

メディアでは「おこづかいを減らす」という案が結構多く聞かれますが

我々からみると、それだけは避けて欲しいという思いです。

 

税金といえば消費税以外にも様々なものがありますが

先日、ご相談者様からこんな質問がありました

 

「カーポートは家の新築後に取り付けた方が税金上お得になりますよ

と住宅会社に言われたのですが本当ですか?」

 

ここでいう税金は固定資産税のことを指していると思われます

 

固定資産税というのは、新築時に市役所の調査員の方が家の価値を査定して

一定の税率(現在は1.4%)をかけて計算されることがスタートになります

 

税金がお得になるという発想は、「調査の時にカーポートがついていなければ

その分査定が下がって税金が少なくすみますよ」という発想ですがどうなのでしょうか

 

結論からいうと、少なくすむケースと関係のないケースに分かれます

※心配な方はお住まいの市町村役場にお問合せください

 

まず、査定に含まれるカーポートというのはこんな感じのものです

 

 

査定に含まれないものはこんな感じ

 

両者の違いは、取り囲む壁にあります

前者のように、3面壁に囲まれているものは税金計算の査定に含まれます

後者のようなタイプは含まれません。

たいていそういうルールになっています。

 

ただ、注意事項としてカーポートは税金の他にも、建築面積の算入に関わってきますので

設計上の注意は必要です。

 

現状としては、カーポートを検査後に取り付けているケースが多いように思われます

特にデメリットはないと思いますが、例えば土間コンクリートを打った後に設置する場合

カーポートの柱部分を切欠くことになり、若干見た目を損なうこともありますので

そういった点も踏まえてご検討ください。

 

家計の見直し

おこづかいを減らさずに乗切ることにこだわるお店

おうちコンシェル

黒田